Sara French Quintette / Amada Mia!

フランス発ジプシージャズの歌モノです。無骨なオッサンがマカフェリギターを壊れんばかりに弾きまくるスタイルが多い中、女性ボーカル、女性バイオリンの二人がステージのフロントで小粋にパフォーマンスをし、ギター2人がそれらをしっかり受け止めた上でジプシージャズの伴奏とソロをとる、他ではあまり見かけないスタイルですが、アルバム全体を通して非常に聴きやすくアレンジも秀逸。個人的にはかなりオススメな一枚。インストばっかりのアルバムに若干飽きて来た方に。女性ボーカルを入れての演奏など参考になる点も多し。
ビデオ映像は2011年に行われたジャンゴフェスでのパフォーマンスと、インタビュー中に披露された演奏風景です。
¥2,650税込

クリックすると拡大します

<収録曲>
1. Bei mir bist du Schon
2. Historia de un amor
3. Them there eyes
4. Valse à Zou
5. Amada mia
6. Para Karlinos (Monica-Acevedo)
7. Why don't you do right
8. How high the moon
9. Tu vuo fa' J'americano
10. Guaglione