Selmer #607

フランス盤。メンバーそれぞれが積極的にソロ活動しており、今やニュージェネレーションのギタリストの筆頭株、Adrien MoignardやSebastian Giniauxらを擁するSelmer #607。これはバンド名なのか??恐らくそうなんでしょうけど、これほどSelmerギターを前面に出したアルバムも少ないでしょう。
その名の通り、若き5人のフランス人プレイヤーがSelmerのオーバルホールでシリアルナンバー607番のギターを代わる代わる弾きこなしたアルバム。確かに深くて良い音で録音されています。音を聴く限り、相当コンディションも良く、ちゃんと調整されている感じがします。選曲もノリノリのジプシー・スウィングのナンバーを集めてあり、非常に聴きやすいアルバムに出来上がっています。ジプシー・スウィングも楽しめて、セルマーの生音も楽しめるマニアックな一枚。
<¥2,480税込>

クリックすると拡大します

<収録曲>
1. Swing 48
2. Made in France
3. What a Wonderful World
4. Vette
5. Natacha
6. Impression
7. Polkadots and Moonbeams
8. Nanatango
9. Viper's Dream
10. Evan's Hair
11. Billets Doux
12. Stella by Starlight
13. Topsy
14. Rue du Languedoc
15. Insensiblement