Yves Guen Pickups from France

ジャンゴが後年に自身のセルマーに取り付けていたマグネットタイプのピックアップStimer。ジャンゴが持つマカフェリの小さなサウンドホールにゴテゴテしたヤツがどーんとくっついている写真をご覧になった方も多いことでしょう。あれです、あれ…。
現在ブランドネームのStimerはDupontが受け継ぎ未だに生産を続けていますが、今回はそんなオリジナルStimerを作っていた元の工房が当時のスペックそのままのピックアップとして完全復活しました。さすがにStimerの名前は使えないので、現在はStimer創業者Yves Guenの名前をそのままブランドとして活用していますが、使用する工作機械や構成パーツなどは1940年代当時のままだそうです。
製作を担当するのは創業者Yves Guen氏の息子Christian Yves Guen氏。彼は10歳の頃から父親の工房で手伝いをしていたそうで、当時工房によく来ていたジャンゴやグラッペリに何度も遭遇したそうです…。なんかすごい話ですが、今回入荷したものが正真正銘Stimerの血統を受け継ぐピックアップです。
しかも今回はジャンゴが使っていた、サウンドホールにクリップするタイプST48に加え、DeArmondよろしくテールピースとブリッジの間の弦を専用のロッドでクランプするS51も完全復刻!さすがにDupontではこのステーは復刻できませんでした。これ、どー取り付けたらいいのよ??っていうステーなしの中途半端なものしか復刻できていません。だからこのピックアップが欲しければ当時のオリジナルを見つけ出す以外に入手する方法はありませんでした。それが今回見事復活です!
もちろんジャンゴが使っていたあのモデル、ST48も入荷!レトロ感満載のS51とお好みでチョイスしてみてください。どちらのピックアップもオーバル、D兼用です。取り付けはマグネットです。Christian氏から取り付け用の動画をいただいたのでご参照ください。

取り付け用のマグネット、専用ケーブル付き



ST48 売り切れ
あのジャンゴも使用したピックアップ。当時はボディに直接ネジ止めするという大雑把な仕様でしたが(笑)、現代のオリジナルStimerは付属のマグネットでしっかりと固定できるようになっています。オーバル、Dどちらにも対応可能。

 

S51    売り切れ
ついに復刻!ステー付きのS51です。ステーをスライドさせることによってオーバル、Dどちらにも対応。ちょっと大げさですが、レトロなルックスが一際目を引くピックアップです。