King Snake Detroit One New ¥248,400税込

Collings、Van Zandt, Eastmanをはじめ、RS Guitar Works、Blast Cult、Yamaoka Guitarsなどマニアックなブランドを取り扱うトーラス・コーポレーションからリリースされ、最近徐々に認知され始めた感のある全く新しいコンセプトのシンライン・フルアコ、King Snake。
昨今では大人しめなジャズギターとして認知されていたフルアコを、ずっと以前の1940〜50年代まで遡り、当時の大衆音楽に使われ始めていた黎明期のエレクトリックギターとしての役割にスポットを当て、それらの音楽が持つ図太くダーティで下衆なキャラクターを生み出すべくエレキギターとして現代に甦った唯一無二のフルアコ。簡単に言うと決して”一般ウケ”しないギターという事でもありますが、それをあえてこのご時世にリリースをする遊び心というか、無謀さに深く感銘を受け、カラーリング、テールピースの削り出しパーツなどを当店オリジナルのアーチトップモデルLang-Cと共有し、2015年10月に晴れてリリース致しました。
ボディは17インチ。シンラインボディなので非常に軽量。抱えた感じの大振りな印象も全くなく、取り回しはしやすいです。大きめボディなのでステージ上での自己主張もしっかりアピールできます。
また、通常のシンラインフルアコとは違い、ブリッジ下にスプルースのブロックを貼り付けることにより通常のフルアコでは得る事の出来ない独特なサスティーンと良い意味でのコンプ感を伴うサウンドの腰の強さが増し、ハウリング耐性もアップします。軽くクランチ気味に歪ませて使うと気持ちいいサウンドが得られますが、クリーントーンでも艶やかなサウンドが出せるので、意外にも幅広いジャンルに対応できそうな1本です。
専用ハードケース付き

高解像度画像はこちら
 

クリックすると拡大します。