Epiphone Emperor Regent 1950年製 Hold

エンペラーのカッタウェイボディでさらにブロンドフィニッシュとくれば、Gibson Super 400と並ぶ正真正銘NYエピフォンの最高級アーチトップ。
18.5"の超弩級の量産ブランド最大級のボディを持つこのモデル、かつてはビックバンドのホーンセクションにも負けないギターを、という需要に応えるべく当時のNYエピフォンがギブソンに負けじと生み出したもので、その後の3PUを持つZephyr Emperor Regentのようなビザール感は微塵も感じさせない、最高峰モデルにふさわしい出来栄えで、未だ現役の一線級で活躍出来うるハリとパワーのあるサウンドです。18インチボディならではのズドンとくる低域も魅力のひとつ。
ピックガードは交換されていますが、そのほか全体的には非常にキレイなコンディションを保っています。かつてはこのクラスは100万を切ることなんてありえなかったのですが、このギターは正直めちゃ安です。抱えてみると意外にもそこまでの大きさを感じさせないボディシェイプ。是非一度ご体験ください。

※発送をご希望の場合、オーバーサイズの梱包のためお届けまでに少々お時間をいただく場合があります。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。