Stringphonic LeRoy Flattop Prototype 2015年製 Hold

ギブソンの戦前を代表するフラットトップモデル、L-1をベースに当店独自のオリジナルデザインのカッタウェイを搭載したモデルLeRoy(リロイ)。コンパクトなモデルでありながら12フレットジョイントの深くパワフルな鳴りとハイポジションの弾き易さを持ち合わせたプレイヤビリティの高いモデルです。市販モデルとは違いペグはGotoh製のクルーソンタイプを搭載、またボディバインディングは市販品よりもシンプルになっており、オプションのピックガードも取り付けてあります。その他のスペックは市販品と同じです。
このギターの特筆すべきポイントはそのスペック。トップにはスプルース材の最高峰アディロンダック・スプルース単板、サイド・バックにはアフリカン・マホガニーの単板、指板とブリッジにはエボニーをそれぞれ使用し、ブレイシングには戦前ギブソンのものに近い細くて高いものを使用し、軽くてパワフルに鳴らせるように作りこみました。また、塗装にはこれまた戦前のギブソンのサンバーストカラーを再現したカラーリングを、あえて下地に目止めの塗装を施さない極薄のラッカー塗装のみで仕上げ、新品なのにビンテージっぽい雰囲気漂う一本に仕上がっています。そのためちょっとしたことでキズがつきやすく、またウェザーチェックも入りやすいので、いつまでもピカピカの塗装がお好みの方には抵抗があるかもしれません。ただ、オールドの持つ独特のオーラを、弾き込むことで比較的短時間で味わっていただけるのではないかと思っております。
市販モデルではオプション扱いのピックガードですが、取り付けた時の雰囲気とプレイヤビリティを確認するために、このプロトタイプには取り付けられております。正直なところ、フィンガーピッキングでのプレイには邪魔です(笑)。ただ、フラットピッキングする方には極薄塗装のボディをピッキング傷から保護するためにはかなり有効になるはずです。見た目にもビンテージらしい雰囲気があって個人的には好きですけど…。
重量はわずか1.5kg。めちゃ軽です。どこに連れて行くにも苦になる重量ではありません。トラベルギターとしても、もちろんライブやレコーディングでも活躍できることでしょう。
ピッキングによる弾き傷や小さな打痕はわずかにありますが、それ以外はまだまだ美品。これから弾き込んで育てていく楽しみも十分に残っています。

ケースは別売りです(ライトケース¥9,000〜)

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。