Martin OO-18 1972年製 Hold


Grover 102チューナーが装備された70年代仕様のOO-18です。ピックガード傍、センターシームに割れを修正した跡があります。ネック反りなし、フレットの減りもわずかです。サドルの山もあります。ブリッジ剥がれもありません。ケースはノンオリジナルケースです。
マホガニーの甘くパワフルなサウンドが持ち味。決してコレクターズコンディションではありませんが、このサイズのボディでお買い得なビンテージはなかなか出て来ないので、サウンド重視で使いたい方にオススメの一本です。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。